ダンケミカル株式会社  
本文へジャンプ
DAN-eニュース

眼鏡のお手入れ(bV72)

 

汚れを落とすために一番効果的なのは水であらうこと。(JINS渋谷店 岡田真里奈さん)

お湯で洗うのは絶対にやめてほしい。

レンズの表面には反射防止や汚れを付きにくくするためにコーティング加工が施されている。お湯の熱によって、コーティングがはがれてしまう。

大きな汚れは中性洗剤で洗う。酸性やアルカリ性は避けよう。

 

眼鏡をたたむときは必ず左のつるから閉じて(東京眼鏡専門学校 林光久 校長)

右のつるから閉じると左のつるが完全に閉じず、浮いた形になってしまうから。

机の上などに眼鏡を置くときは、開いたまま、上下逆にして置くのがおすすめ。

眼鏡をケースにしまう際は、眼鏡拭きを下に敷き、レンズが下になるように置く。

1/27日本経済新聞NIKKEIプラス1 すっきり生活「眼鏡 おうちでピカピカ(田村匠氏記事)」より引用)

 

私も眼鏡を掛けています。

お湯で洗ってはいけないということはまったく知りませんでした。

また、眼鏡ケースにしまう時。眼鏡屋さんでは、だいたい、レンズを眼鏡拭きで包み、たたんで、レンズを上にしてしまわれることが多いように感じます。私はこれが面倒くさく、眼鏡ケースに眼鏡拭きを敷き、その上にレンズを下にしてしまっていました。これが正解だったと認識でき、安心しました。

眼鏡は目が悪い人には必需品ですし、生活していく上で大切なパートナーですので、どうぞ大事にして上げてください。